最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし

    登録証の発行

    日本刀には、長い期間にわたってその形をとどめていることが出来るという特徴があります。もちろん鉄製の道具であるわけで、サビが出ることもあります。
    しかし、専門の人が行う研磨を経ると往時の輝きを取り戻すというのが、この品物の素晴らしいところのひとつでもあるのです。

    先祖代々の品物が納められている蔵から、江戸時代以前の刀が出てくる――というのは、決して珍しい話ではありません。
    日本刀は長い歴史の中で幾度か、人知れず隠さなければならない事態に陥ることがありました。
    古くは豊臣秀吉の「刀狩令」、明治時代の「廃刀令」。それぞれ、農民と士族から刀を取り上げる政策でしたが、その後も第二次世界大戦後、日本刀は武器として、GHQから没収対象となっていたのです。
    そのような、中世から続く歴史の中で、数多くの刀が人知れず蔵の中に眠っていたり、どこかに隠されていたり、ということが起きています。
    登録証のない刀が見つかる、というのは歴史を考えればむしろ、ひんぱんに起こりうることでもあると言えるでしょう。

    刀を発見したときには、それをどのようにするとしても、まずは登録証の発行をしてもらう必要があります。
    所管の警察署に出向き、そこで登録証を申請するのです。専門家による審査の上、登録証が出されるか否かが決まります。

    Leave a Reply